ニュース

  • 京都コンピュータ学院の寄贈パソコン30台が到着 京都コンピュータ学院(以下「KCG」)は、1990年より「海外コンピュータ教育支援活動(IDCE)」を行っている。このたび、この支援活動の一環として、KCGで使用した中古パソコンをCTKに寄贈して頂いた。パソコンの輸送コストはニジェール側の負担となり、ある一定の自助努力が必要ではあるが、それでもあらゆる物が不足しているニジェールでは、まさに願ってもいない宝物である。因みに、CTKではパソコンがあまりに不足しているがため、PC操作を実習等、体で覚えるのではなく、操作手順の文字列を一字一句暗記させる指導方法が採られている。例えば、「スタート→コンピューター→右クリック→プロパティ→デバイスマネージャー ...
    投稿: 2011/08/11 20:55、Yuji MIURA
  • 日本人ボランティアによる活動報告会 さる2011年2月9日、日本人ボランティアの三浦による活動の中間発表会が行われた。※諸般の事情で投稿が遅れたことをお詫び申し上げます。会場はカルマハロ技術訓練校の情報学科の教室。過去1年間を振り返り、これまでの活動を報告した。あわせてニジェールの抱える問題点を指摘し、対策ならびに今後の活動計画を報告した。出席者は10名強。内訳はJICA職員3名(調整員2名、現地スタッフ1名)、校長先生、教頭先生、ボランティア、学生、それにカウンターパート含む同僚4名である。学校が休みであった為、学生は残念ながら1名しか来なかった。発表の内容を要約すると、以下3点の理由で実習が極端に少ない。その結果、職業訓練にならないことを指摘 ...
    投稿: 2011/07/13 21:04、Yuji MIURA
  • コンピューター機器を寄贈頂きました。 このたび、千葉県にお住まいの小野様より、コンピューター機器をご寄贈頂きました。男ばかりの3年生、校庭内の国旗前で記念撮影。ありがとー!!教室内で梱包を解く。出てくる出てくる・・・ ノートPC 3台液晶ディスプレイ 1台デジタルカメラ 1式マウス 3個ハードディスク 4台光学ドライブ 1台ビデオボード 1枚特殊工具 1式メモリ多数LANケーブル等・・・むむむ。ラジエーターが露出している! CPUがアップグレードされているのか?!僕もデジカメ欲しいなあ ...
    投稿: 2010/12/01 6:19、Yuji MIURA
  • 第1回職業訓練製造物見本市 ”1ère édition du salon national des produits de la formation professionellle et technique”表題が何か堅苦しい日本語訳になってしまったが、原文はこれ。6月21から23日までの3日間、palais des sportsにて展示会が行われている。今日はその初日。スタジアムを貸し切って開会宣言が行われたり、テレビ局が複数社取材に来た。主催は職業訓練省だが、横断幕右上のロゴからはUNDP(国連開発計画)が協賛していることがわかる。以下はCTKのブース。JICAロゴが光る。JICAの援助が入っていることが ...
    投稿: 2010/06/28 3:02、Yuji MIURA
  • 試験結果発表(BEP 2010) こんな実名入りで成績発表をしたら、個人情報保護法かなんらかで訴えられかねないが、ここはおおらかなニジェール。電話帳にも堂々と個人名が掲載されているのを見ると、日本も窮屈な国になったもんだと、つくづく感じる。それはさておき、今日は合格発表。歓喜のあまり大声で叫んだり、祝福しながら抱き合う学生達に、たくさんの元気をもらうことができた。 DIRECTION REGIONALE DE LA FORMATION PROFESSIONNELLE ET DE L'ALPHABETISATION DE NIAMEY BEP SESSION 2010 JURY: N°7 Sont ...
    投稿: 2010/06/12 0:46、Yuji MIURA
  • BEP試験が始まる カルマハロ技術訓練校は首都圏の全学生が一同に集まる試験会場になっている。ここでBEPの試験が始まった。BEPとは学位「Brevet d’Etudes Professionnelles」の略。学歴を重視するニジェール社会にあっては、とても大切な試験である。それだけに気合の入れ様は並大抵のモノではない。例えば、準備。教師達は休みを返上して、試験の準備にあたった。また、停電に備えて大型発電機を借りて来たり。試験当日に至っては、ライフルを装備した警察官が2名派遣され、試験の立会いに来た。試験問題は写真のとおり、シーリングワックスで封印(右写真)されており、お役人が大切そうに教室に持ち込んで来た。さて、本日はパソコン操作の試験 ...
    投稿: 2010/06/09 1:09、Yuji MIURA
  • 変換集団、緊急輸入しました! コンピューターメンテナンス学科では、当校の運営資金の不足を補う為に営利活動(平たく言えば「商売」)を行っています。具体的には、主に外国人を相手にコンピューターのメンテナンスを行い、その対価を頂戴しています。そして集まった収益を、インターネット接続料金やトナー代に充てよう、といった試みです。さて、メンテナンスの内容は、別紙のとおり、ハードウエア、ソフトウエア、ネットワークと幅広くあります。中でも、ハードディスクがらみの障害が多く、今回その対応として、以下のツールを緊急輸入しました。株式会社エアリア/変換集団/SD-ISU2-M3   http://www ...
    投稿: 2010/05/14 8:55、Yuji MIURA
  • メーデー/労働の日 2010年 本日はメーデー(※連日の停電でアップが遅れました!)。日本とは違い、労使間の闘争や政治色は薄く、単にお祭りの要素が強いようです。この日は例年、学生達が日頃の職業訓練の成果を披露することになっています。 まずは、グランモスケ(ニジェール最大のモスク)の広場に集合。巨大カートに各種展示品を載せ、市内をゆっくり行進しました。巡り巡って、スタッド(ニジェール最大の競技場)に到着。ここでは、管轄省庁(職業訓練省)のお役人の前で、デモストレーションを行いました。 最初に、自動車学科のデモ、よく整備されたエンジン音が轟いています。奥には、パソコンをメンテナンスしている(ふりをする)人たちが・・・ こちらは電気学科製作 ...
    投稿: 2010/05/06 6:11、Yuji MIURA
  • 日本語サイトがオープン カルマハロ技術訓練校(以下「CTK」と略される)の日本語サイトがオープンしました。本家サイトはもちろんフランス語で書かれており、それをそのまま翻訳しています。但し、日本人向けに独自のコンテンツも含まれています。もし誤った翻訳があれば、ご指摘くだされば幸いです。尚、現在、英語版サイトも準備中です。この英語版のアップが終了させてから、サイト全体の誤字/脱字のチェック、内容のブラッシュアップをしていく予定です。
    投稿: 2010/05/14 8:57、Yuji MIURA
  • カルマハロInfomatiqが営業開始 カルマハロInfomatiqが営業を開始しました。第1号のお客様はJICAのボランティア。PCメンテナンス作業はおよそ以下の様な流れで実施されました。持ち込まれたPCを、説明を交えながら分解する。日本人のPCの多くはニジェールでは最新型であり、貴重な教材となる。因みに写真中央のオヤジさんが教師のTanko氏。筆者の三浦も時々説明に加勢することもある。全てを分解した図。ここまでくると、素人はもうお手上げ!ひとつひとつ部品を外しながら、故障部位を絞り込んでいく。テスターを駆使しても、まだ原因がわからない・・・あちっつ。電源を直結すると、基板のあるチップが異常発熱する。故障部品が特定できた瞬間だ!Tanko氏 ...
    投稿: 2010/04/14 6:06、Yuji MIURA
1 - 10 / 11 件の投稿を表示中 もっと見る »

カルマハロ技術訓練校。それは私の価値ある選択!

初等から高等までの職業訓練、この分野では31年の経験があります。
そして当校は、ニジェール共和国の職業訓練分野において、ひとつの模範的存在でもあります。
当校における訓練は、より良い将来を、貴方にお約束します。

PicasaWeb スライドショー