Made in Japan

2011/10/16 5:33 に Yuji MIURA が投稿   [ 2011/10/21 2:51 に更新しました ]
これはニジェールの某隊員が所有する自転車である。写真のピンク矢印部分を拡大すると・・・

この様に埼玉県警の防犯登録がなされている。

これは、隊員が日本から持ち込んだものではない。日本の中古車をニジェールで買った物である。元は放置自転車だったのかもしれない。それがナイジェリア経由で流通してくるのである。遠いアフリカでちょっと感動的。

因みに、中古の日本車(※)は新品の中国製より高い。というのも、ニジェールで流通している中国製すぐリムが変形したり、スポークが曲がったりするが、日本製は中古でも長持ちするからである。
※正確にはフレームは台湾製、それ以外は日本(シマノやブリジストン)製である。

ところで、町中を走るタクシーの90%はトヨタ。そのうち90%が廃車寸前のおんぼろスターレットである。タクシの運転手に「トヨタは日本車だ、俺は日本人だ」と伝えると、一様に大喜びしてくれる。「トヨタは頑丈で最高だ、お前も最高だ」と言って、ジュースを奢ってもらったこともある。日本人として、なんとも誇らしい限りである。

一方こちらはバイク。新車は中国製ばかりだが、中古車の90%がこれ、ヤマハのメイト。残念ながら、日本での生産は打ち切られたらしい。

高級住宅街に突如出現!日本の特許技術、青色ダイオードを使った信号機。因みにニジェールでは、信号機の総数は2桁台。その90%は故障していると思われる。誰かここで亡くなったのであろうか。

こちらは「中京女子大」から寄贈された中古バレーボール。

製品だけでなく文化くも。柔道や空手は日本人ボランティアによって広められている。
Comments