ニュース


京都コンピュータ学院の寄贈パソコン30台が到着

2011/07/13 20:53 に Yuji MIURA が投稿   [ 2011/08/11 20:55 に更新しました ]

京都コンピュータ学院(以下「KCG」)は、1990年より「海外コンピュータ教育支援活動(IDCE)」を行っている。このたび、この支援活動の一環として、KCGで使用した中古パソコンをCTKに寄贈して頂いた。

パソコンの輸送コストはニジェール側の負担となり、ある一定の自助努力が必要ではあるが、それでもあらゆる物が不足しているニジェールでは、まさに願ってもいない宝物である。

因みに、CTKではパソコンがあまりに不足しているがため、PC操作を実習等、体で覚えるのではなく、操作手順の文字列を一字一句暗記させる指導方法が採られている。例えば、「スタート→コンピューター→右クリック→プロパティ→デバイスマネージャー・・・」という文言を暗唱し、試験においてもこの文字列を紙に記述させる、といった具合だ。まさに「エアーWindows」と呼ぶべきものであろう。

さて、KCGの協力を得るために、まず依頼レターを用意した。これは、寄贈先(CTK)発行のものニジェール政府(職業訓練省)発行のもの2通必要で、ともに英文であることが求められている。


 

以下の写真は依頼レター作成手続の為、ニジェール政府を訪問したところ。左から、CTKコンピューター学部長のタンコ氏、同校長、職業訓練省の大臣、そして筆者(三浦)である。
ニジェール政府からの依頼レター作成手続

そして当該レターをKCGに送付し手続きが正式に受理された。その後、輸送方法について双方が協議をし、それと平行してKCG側は機器の動作チェック、梱包を行った。なお、これらの作業について詳細は以下を参照して欲しい。
つづいて発送。リスク分散の為、次の通り2便に分けて頂いた。
こちらは到着を喜ぶタンコ氏。それぞれ発送から3ヶ月かかった。なお、リスク分散の為2便に分けて発送して頂いたが、残念ながら第1便の1台が行方不明になってしまったようである。

最後に、KCG側の窓口となり、安価な輸送方法を模索して頂き、他に事務処理等多大なる時間を割いて頂いたKCGの西村様、そして煩わしい動作チェック、パソコンを安全に梱包して頂いたKCGのボランティアの皆様に深く感謝を申し上げたい。

日本人ボランティアによる活動報告会

2011/07/13 0:47 に Yuji MIURA が投稿   [ 2011/07/13 21:04 に更新しました ]


さる2011年2月9日、日本人ボランティアの三浦による活動の中間発表会が行われた。
※諸般の事情で投稿が遅れたことをお詫び申し上げます。

会場はカルマハロ技術訓練校の情報学科の教室。過去1年間を振り返り、これまでの活動を報告した。あわせてニジェールの抱える問題点を指摘し、対策ならびに今後の活動計画を報告した。

出席者は10名強。内訳はJICA職員3名(調整員2名、現地スタッフ1名)、校長先生、教頭先生、ボランティア、学生、それにカウンターパート含む同僚4名である。学校が休みであった為、学生は残念ながら1名しか来なかった。

発表の内容を要約すると、以下3点の理由で実習が極端に少ない。その結果、職業訓練にならないことを指摘。そして、進行中の計画を含め、その解決策を複数挙げた。
  1. 教材(ハードウエア)が無い
  2. 実習時間が無い
  3. 電気が無い(停電が頻繁)
このたび発表に使ったスライドは以下になる。
なお、OPEN OFFICE等ODP形式を開けない方はこちらで代用して欲しい。
因みにこちらの資料は、配属直後の感想を綴ったものである。内輪向けの資料であるが、現状分析の参考になると思われる。


コンピューター機器を寄贈頂きました。

2010/12/01 4:37 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/12/01 6:19 に更新しました ]

このたび、千葉県にお住まいの小野様より、コンピューター機器をご寄贈頂きました。

男ばかりの3年生、校庭内の国旗前で記念撮影。ありがとー!!

教室内で梱包を解く。出てくる出てくる・・・

ノートPC 3台
液晶ディスプレイ 1台
デジタルカメラ 1式
マウス 3個
ハードディスク 4台
光学ドライブ 1台
ビデオボード 1枚
特殊工具 1式
メモリ多数
LANケーブル等・・・

むむむ。ラジエーターが露出している! CPUがアップグレードされているのか?!

僕もデジカメ欲しいなあ。


早速、こちらの感謝状を作成させて頂きました。以下はその日本語訳になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小野満様

私は貴方に、ここに深い感謝の気持ちを伝えることができたこと、心から誇りに思います。
このたび、貴方の所有するコンピューター機器類を、カルマハロ技術訓練学校へ寄贈賜りました。
お陰様で当校の職業技術訓練を行う為の教育環境を、よりいっそう充実させることができました。

頂いた機器類は当校のコンピューター室に設置され、情報処理、OA講座、
そしてネットワークの講座にて使用させていただく所存です。

小野様に対する、我々の深い敬意と感謝の気持ちを、ご査収頂ければ幸いです。

センター長
アリジカ アッソウマンネ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1回職業訓練製造物見本市

2010/06/21 5:55 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/06/28 3:02 に更新しました ]


”1ère édition du salon national des produits de la formation professionellle et technique”
表題が何か堅苦しい日本語訳になってしまったが、原文はこれ。6月21から23日までの3日間、palais des sportsにて展示会が行われている。今日はその初日。スタジアムを貸し切って開会宣言が行われたり、テレビ局が複数社取材に来た。主催は職業訓練省だが、横断幕右上のロゴからはUNDP(国連開発計画)が協賛していることがわかる。
以下はCTKのブース。JICAロゴが光る。JICAの援助が入っていることが、技術の証として、彼らにとって誇りらしい。
次の5つの技術を生徒が披露した。誰にも理解しやすいテーマを選んだ。
一方こちらは、皮革製品の職業訓練学校のブース。展示販売も行っている。かなり丁寧に作られていて、センスも良い。買いたいと思った。
これも他校のブース。左官工事のデモストレーション中は人だかりで写真がとれなかったが、一段落した今は食事中。因みに手前側に複数落ちているの物は、かつて水が入っていたビニール袋。ニジェール人はゴミ箱に捨てる習慣がないのである。
以下は複数の官僚がCTKのブースを訪れ、tanko氏(一番左)が説明している図。オバマ大統領との合成写真には興味があったようである。

最終日には大臣もお見えになった。多言語対応のウェブサイト、生徒からの説明に熱心に耳を傾ける。周りはSPにがっちり固められていた。

すぐれた発表ということで賞金(第3位)が出た。みんなで大喜び。
関係者の皆様お疲れさまでした。

試験結果発表(BEP 2010)

2010/06/11 14:13 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/06/12 0:46 に更新しました ]

こんな実名入りで成績発表をしたら、個人情報保護法かなんらかで訴えられかねないが、ここはおおらかなニジェール。電話帳にも堂々と個人名が掲載されているのを見ると、日本も窮屈な国になったもんだと、つくづく感じる。それはさておき、今日は合格発表。歓喜のあまり大声で叫んだり、祝福しながら抱き合う学生達に、たくさんの元気をもらうことができた。
DIRECTION REGIONALE DE LA FORMATION PROFESSIONNELLE
ET DE L'ALPHABETISATION DE NIAMEY






BEP SESSION 2010
JURY: N°7






Sont déclarés définitivement admis les candidats dont les noms suivent classés par ordre de mérite





No Table Prénoms Noms Date et Lieu de Nais Moyenne Décision JURY Mention






Section: Comptabilité Informatique
21 Maman Ibrah Amina 15/06/87 à Ny 12.44 Admis Abien
13 Moustapha Ali Daouda 21/04/87 à Ny 12.15 Admis Abien
16 Mahamadou Abdou Adamou 08/05/87 à Ny 12.00 Admis Abien
11 Mahaman Nourou Moutari 1985 à Zinder 11.44 Admis Passable
9 Issa Moussa Nafiou 1983 à Ny 11.30 Admis Passable
10 Maman Toukour Jodi 21/02/88 à Bangui 11.00 Admis Passable
7 Hassane Moussa Hamidou 26/10/84 à Ny 10.78 Admis Passable
1 Abou Ibrahim 1986 à Guidan Tanko 10.37 Admis Passable
5 Abdoul Aziz Alassane Boubacar 24/06/84 à Ny 10.00 Admis Passable
20 Habiba Boukari Souley 28/03/88 à Ny 10.00 Admis Passable
71 Soumana Garba Housseyna 05/03/87 à Ny 10.00 Admis Passable
8 Issiaka Maïga Aliou 09/10/87 à Zinder 10.00 Admis Passable
24 Abdramane Habidine Aminatou 30/11/88 à Tchiro 10.00 Admis Passable






Section: Electricité Equipement
124 Ibrahim Sayedi Halidou 02/07/85 à Ny 13.31 Admis Abien
119 Boubacar Moussa Kaïlou 30/05/87 à Ny 13.12 Admis Abien
126 Mahamane Laouali Souley 01/02/84 à Maradi 13.00 Admis Abien
123 Ibrahim Moussa Oumarou 06/03/90 à Arlit 12.88 Admis Abien
125 Issoufou Amadou 27/04/83 à Gouré 12.88 Admis Abien
120 Boubacar Naroua Dogo 03/06/86 à Ny 12.73 Admis Abien
116 Amadou Chékaraou Assoumana 1987 à Ny 12.65 Admis Abien
128 Rachid Saâdou Abdou 08/11/88 à Maradi 12.62 Admis Abien
117 Assoumane Garba Bawa 15/09/88 à Ny 12.50 Admis Abien
130 Soumana Garba Moussa 25/07/84 à Ny 12.42 Admis Abien
127 Noufou Boureima 18/11/86 à Akokan 12.38 Admis Abien
118 Abdoul Kader Yahaya Lancina 20/01/85 à Ny 12.08 Admis Abien
129 Safiyoulaye Abdou Moussa 23/05/86 à Mallalèye 12.08 Admis Abien
131 Souleymane Ali Laoualy 16/12/90 à Ny 12.08 Admis Abien
133 Abdourahamane Saley Idé 06/08/84 à Ny 11.85 Admis Passable
122 Ibrahim Soufiane Mamoudou 02/01/86 à Arlit 11.69 Admis Passable
134 Ibrahim Salou Harouna 12/02/83 à Ny 11.46 Admis Passable
136 Hamidou Abdou 1966 à Doumega 11.15 Admis Passable
114 Aboubakar Mahamadou Abdou 11/10/89 à Akokan 10.96 Admis Passable
121 Akouété Edoh Kpanou Djinékou 11/09/85 à Ny 10.96 Admis Passable
115 Aïchatou Mali 12/09/86 à Maradi 10.54 Admis Passable






Section : Mécanique Réparation Automobile
104 Ismaïla Mahamadou Tounkara 19/11/85 à Ny 13.09 Admis Abien
95 Ali Seydou 12/07/79 à Ny 12.14 Admis Abien
94 Awali Boubacar 1983 à Rouda Goumoundaï 11.95 Admis Passable
90 Aboubacar Ango Tankari 15/04/89 à Arlit 11.32 Admis Passable
97 Djibrila Garba Malan Ekoye 12/11/86 à Arlit 11.27 Admis Passable
98 Fossard Francis 27/06/88 à Ankoobomb (Cameroun) 11.27 Admis Passable
96 Assoumane Tassaoua Maïkolanché 02/06/88 à Dogon Doutchi 11.05 Admis Passable
102 Ismaël Abdourahmane Mamoudou 17/11/86 à Ny 10.27 Admis Passable
103 Ismaël Salou Mazou 05/11/88 à Akokan 10.27 Admis Passable
100 Ibrahim Garba Aleino 29/12/88 à Akokan 10.09 Admis Passable
99 Hama Mamoudou Sina 13/02/86 à Ny 10.00 Admis Passable
105 Issaka Souley Hamza 02/07/85 à Illéla 10.00 Admis Passable






Section: Maintenance Informatique
159 Abdoul Nasser Anou Maman 15/09/85 à Maradi 14.50 Admis Bien
168 Saddikou Hassane 18/04/84 à Chirwa 14.00 Admis Bien
158 Abass Habibou Abass 15/03/82 à Zinder 13.50 Admis Abien
170 Assane Aboubacar Djibril 07/09/86 à Ouallam 13.10 Admis Abien
167 Moustapha Adam Oumara 13/08/87 à Zinder 12.50 Admis Abien
164 Issaka Mahaman Salifou 24/06/82 à Zinder 12.47 Admis Abien
166 Mamane Harouna Dan Malam 10/09/85 à Madawaila 12.30 Admis Abien
163 Edoh Yaovi Edem 23/10/86 à Ny 11.77 Admis Passable
161 Adamou Mahamadou Haoua 15/07/89 à Ny 11.10 Admis Passable
162 Bassirou Sanoussi 07/03/90 à Koona (Tessaoua) 11.00 Admis Passable
174 Nouhou Barmou abdoulkader 16/09/83 à Kollo 10.87 Admis Passable
160 Abdoul Rachid Saâdou 1989 à Ny 10.60 Admis Passable
165 Mahamadoul Massour Adamou 05/05/82 à Birni Kano 10.03 Admis Passable






Section: Construction Métallique
146 Issaka Boureima 13/11/82 à Ny 11.00 Admis Passable
149 Moustapha Badja Bébé 30/01/88 à Angoual Kara 10.86 Admis Passable
143 Alpha Camara 1988 à Maradi 10.18 Admis Passable
140 Abdoul Kader Hassane Mounkaïla 27/03/85 à Gaweye 10.09 Admis Passable
141 Abdoul Wahab Illiassou 27/08/89 à Ny 10.09 Admis Passable
142 Abdoulaye Alfari Alio 21/09/84 à Dosso 10.00 Admis Passable
148 Mohamadou Abdou Ali 18/10/88 à Niabéré Bella 10.00 Admis Passable
144 Bachir Mamane Idi Gambo 26/05/85 à Akokan 10.00 Admis Passable






Niamey , le 11 /06/2010
LE PRESIDENT DU JURY
Chimba Boubacar

 
 

BEP試験が始まる

2010/06/04 4:06 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/06/09 1:09 に更新しました ]

カルマハロ技術訓練校は首都圏の全学生が一同に集まる試験会場になっている。ここでBEPの試験が始まった。BEPとは学位「Brevet d’Etudes Professionnelles」の略。学歴を重視するニジェール社会にあっては、とても大切な試験である。それだけに気合の入れ様は並大抵のモノではない。例えば、準備。教師達は休みを返上して、試験の準備にあたった。また、停電に備えて大型発電機を借りて来たり。試験当日に至っては、ライフルを装備した警察官が2名派遣され、試験の立会いに来た。試験問題は写真のとおり、シーリングワックスで封印(右写真)されており、お役人が大切そうに教室に持ち込んで来た。

さて、本日はパソコン操作の試験。正直内容は易しい。それでもパソコンに触る機会の乏しい学生にとっては、かなりハードルが高いようである。ある男子生徒から声が上がった。QWERTY配列のキーボードに混乱している様である。フランス語圏はAZERTY配列が一般的であり、彼にとって初めて見る代物らしい。暫くすると、別の女子生徒が泣き出してしまった。マウスしか操作したことが無いのに、初めてノートパソコンに触れ、マウスパッドの操作ができないことが理由らしい。

パソコンが足りないので、試験は3つのグループに分かれて実施する。時間差をおいて3回転。しかし生徒同士が試験情報を流しては公平性が保てないので、試験問題も若干内容を変えて3種類用意する。これもあるい意味不公平な様だが、機材が不足しているニジェールでは、こんな具合で試験が行われるのである。

変換集団、緊急輸入しました!

2010/05/07 7:33 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/05/14 8:55 に更新しました ]

コンピューターメンテナンス学科では、当校の運営資金の不足を補う為に営利活動(平たく言えば「商売」)を行っています。具体的には、主に外国人を相手にコンピューターのメンテナンスを行い、その対価を頂戴しています。そして集まった収益を、インターネット接続料金やトナー代に充てよう、といった試みです。

さて、メンテナンスの内容は、別紙のとおり、ハードウエア、ソフトウエア、ネットワークと幅広くあります。中でも、ハードディスクがらみの障害が多く、今回その対応として、以下のツールを緊急輸入しました。
 これまでのソリューションは以下1~3のとおり、やや制限がありました。しかし、本ツールの導入により、これまでの制限から開放され、4番目の完璧なソリューションが加わりました。したがって今後、サービスの質とスピードについて、更なる向上が期待できます。
  1. 光学ドライブがある場合
    1. LinuxのLiveCDで起動する。
    2. 対象となるHDDドライブの中身を探り、必要なデーターを救い出す。
    →劣悪な設置環境(砂漠の国)なので光学ドライブが壊れていることが多い。
  2. USBデバイスによるブートが可能な場合
    1. USBメモリでLinuxを起動させる。
    2. 対象となるHDDドライブの中身を探り、必要なデーターを救い出す。
    →古いパソコンが多いのかBIOSでサポートされていない場合が多い。
  3. これまでの常套ソリューション
    1. 障害PCよりHDDを取り外す。
    2. 別PCを用意して、セカンダリーIDEに接続する
    3. 対象となるHDDドライブの中身を探り、必要なデーターを救い出す。
    →現状SATAが余分に使えるPCが無い。
    →1.8インチディスクに対応できない。
    →3.5/2.5インチIDE変換ケーブル(もちろんニジェールで流通していない)が経年劣化してしまった。
    →出張対応の場合にデスクトップPCの使用は困難。
  4. 変換集団を使用したソリューション
    1. 障害PCよりHDDを取り外す。
    2. 別(ノート)PCを用意して変換集団に接続する
    3. 対象となるHDDドライブの中身を探り、必要なデーターを救い出す。
    →あらゆる障害に柔軟に対応できる!
尚、障害の理由は次の2点となります。皆様のPCが障害とならないことを祈っておりますが、もし運悪く障害となった場合は、当校(店)にお越し下さい。教師/生徒一同、心よりお待ち申し上げます。
  1. コンピューターウィルスが極めて多く、システムまで起動しなくなる頻度が高い。
    ※ニジェール人が所有するUSBメモリのおよそ95%はウィルスに感染している。
  2. ハードディスクの故障頻度が高い。
    • 新品は少なく、ほとんどが経年劣化した中古品が多い為
    • 気候が著しく暑い為※
      ※「暑くて死にそう」という表現がありますが、ニジェールでは本当に人が死にます。最高気温が48℃になった先月末、国立病院の入院患者70名がこの1日で亡くなりました。

「この製品のお陰で、生徒の成績表が救い出せました。ありがとう!!」

国立カルマハロ技術訓練校
コンピューターメンテナンス学科長
タンコ氏

メーデー/労働の日 2010年

2010/05/06 5:44 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/05/06 6:11 に更新しました ]

本日はメーデー(※連日の停電でアップが遅れました!)。日本とは違い、労使間の闘争や政治色は薄く、単にお祭りの要素が強いようです。この日は例年、学生達が日頃の職業訓練の成果を披露することになっています。
まずは、グランモスケ(ニジェール最大のモスク)の広場に集合。巨大カートに各種展示品を載せ、市内をゆっくり行進しました。巡り巡って、スタッド(ニジェール最大の競技場)に到着。ここでは、管轄省庁(職業訓練省)のお役人の前で、デモストレーションを行いました。

最初に、自動車学科のデモ、よく整備されたエンジン音が轟いています。奥には、パソコンをメンテナンスしている(ふりをする)人たちが・・・

こちらは電気学科製作、タイマー仕掛でライトが点滅する装置です。去年使用した物と同じものらしいです。但し去年はそれぞれのランプにC,T,Kという文字が張り付けてあったとのこと。

改めてコンピューター学科。無線LAN(インフラストラクチャーモード)でネットワーク接続された2台のノートPCを用意。片方のWEBカメラで捉えた映像を、もう一方のPCにストリーミング配信しているところ。
3年生によるデモ。
左は紅一点のハウラさん。右は成績優秀者のサディクさん

日本語サイトがオープン

2010/04/14 7:48 に Yuji MIURA が投稿   [ 2010/05/14 8:57 に更新しました ]

カルマハロ技術訓練校(以下「CTK」と略される)の日本語サイトがオープンしました。本家
サイトはもちろんフランス語で書かれており、それをそのまま翻訳しています。但し、日本人向けに独自のコンテンツも含まれています。もし誤った翻訳があれば、ご指摘くだされば幸いです。
尚、現在、英語版サイトも準備中です。この英語版のアップが終了させてから、サイト全体の誤字/脱字のチェック、内容のブラッシュアップをしていく予定です。

カルマハロInfomatiqが営業開始

2010/03/24 1:05 に TANKO ABOUBACAR が投稿   [ 2010/04/14 6:06 に Yuji MIURA さんが更新しました ]

カルマハロInfomatiqが営業を開始しました。第1号のお客様はJICAのボランティア。PCメンテナンス作業はおよそ以下の様な流れで実施されました。
  1. 持ち込まれたPCを、説明を交えながら分解する。日本人のPCの多くはニジェールでは最新型であり、貴重な教材となる。因みに写真中央のオヤジさんが教師のTanko氏。筆者の三浦も時々説明に加勢することもある。
  2. 全てを分解した図。ここまでくると、素人はもうお手上げ!
    ひとつひとつ部品を外しながら、故障部位を絞り込んでいく。テスターを駆使しても、まだ原因がわからない・・・
  3. あちっつ。電源を直結すると、基板のあるチップが異常発熱する。故障部品が特定できた瞬間だ!
  4. Tanko氏:
    「このチップが壊れているようだ。入手できないかなあ。」
    馴染の中古屋に行き、基板を見せながら依頼をする。
    店主:「わかった、探してみるよ。お前の頼みは面倒だけど断れないよな。」
    おそらく、こんな会話がなされているものと思われる。
  5. つづく・・・・

1-10 of 11